保険の詰め物にもメリット・デメリットがある

ご予約・お問合わせ

TEL0569-42-0257

診療時間9:00~12:00 / 14:00~18:00
(土曜午後のみ14:00~17:00)

休診日日・祝日

閉じる
« 2024年5月»
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

TOPICS

スタッフブログ

保険の詰め物のメリット・デメリット

コロナが5類になりマスクを外して生活する事も多くなりましたね😷

 

お話したり大きな口を開けると、金属の詰め物が見えて気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな金属(銀歯)ですが日本人の銀歯保有率が、20代~60代で7割を超えるそうです😲‼️

 

今回は保険内治療の金属の詰め物と白い詰め物のメリット、デメリットについてお話します💁🏻‍♀️

 

◎金属の詰め物◎

〈メリット〉

・治療費用が安い

・割れる事はほとんどない

 

〈デメリット〉

・汚れがつきやすい

・金属アレルギーの方は適用外

・歯周病になりやすい

・金属が目立つ

・銀歯の下の歯が虫歯になりやすい

 

◎白い詰め物◎

〈メリット〉

・色や形が自然

・虫歯再発のリスクを抑えられる

・保険内で治療ができる

・金属アレルギーの方でも安心

・適度な柔軟性を持ち、噛み合う歯を傷つけない

 

〈デメリット〉

・歯ぎしり、噛み合わせが強い方は摩耗したり、割れる事がある

・プラスチックなので、着色、汚れが付きやすい

・銀歯に比べると弱いので、歯を削る量が多い。そのため治療後に痛みが出ることがある

・セラミック(自費)と比べると汚れが付きやすい

 

(保険の被せものの費用)

銀歯:3000~5000円

白い歯:6000~8000円

 

(自費の被せものの費用)

金:110,000円

オールセラミック:88,000~130,000円

 

金属の詰め物も白い詰め物もデメリットが多いですが、歯磨きやメンテナンスなどで、虫歯、歯周病などのリスクは下げる事ができます🦷🪥

 

気になる方は一度ご相談下さい😊✨

 

ページトップへ

24時間Web予約 無料メール相談