歯を失ってしまった時の治療方法|知多市の歯医者「おのうち歯科・矯正歯科・こども歯科」

ご予約・お問合わせ

TEL0569-42-0257

診療時間9:00~12:30 / 14:30~18:00
(木曜のみ9:00~11:30)

休診日日・祝日
※祝日のある週の木曜日は1日診療致します

TOPICS

スタッフブログ

歯を失ってしまった時の治療方法

皆さま、こんにちは😊

残暑厳しい日が続きますが、朝晩は過ごしやすい季節になってきましたね。

 

今回は、歯が1本無くなってしまった時の、保険適用の治療方法についてお話したいと思います。

 

虫歯や歯周病で歯を失ったとき、そのままにしておくと前後の歯が倒れてきてしまったり

噛み合う歯が伸びてきて、噛み合わせがうまくできなくなってしまう事があります😫

 

そうならない為に保険治療内で、入れ歯橋渡し(Br)という2つの治療方法があります💁‍♀️

自費ではインプラント治療があります。

 

入れ歯は、歯を失った部分を人工歯で補い、残っている歯にバネをかけて取り外して使用します。

〈メリット〉

健康な歯を削る必要もなく、治療回数が比較的少ない。Brより費用も抑えられます✨

 

〈デメリット〉

ご自分の歯と比べると、噛む力が弱く、硬いものが食べづらく感じることがあります🍽

取り外し式なので、食後は毎回入れ歯の洗浄を行わなければいけません。

 

 

橋渡し(Br)は、失った歯の前後を使って、橋渡しのように被せ物を入れます。

〈メリット〉

固定するため、ご自分の歯と変わらないぐらい違和感は少ない☝

 

〈デメリット〉

被せるために、前後の歯をたくさん削るので神経の治療をする事がある🦷

清掃性が悪いため、虫歯になりやすい。

 

 

歯が無くなって、そのままにしている方は、是非一度ご相談にいらしてください。

ご予約お待ちしております🙇‍♀️✨

ページトップへ

24時間Web予約 無料メール相談